IGSAPは、安全に関する人的、技術的レベルの向上を目的として、要員認証や技術認証制度の創設とその普及を推進しています。安全に対する知識やスキルに対する要員認証として、ロボット安全資格制度セーフティオフィサー資格制度があります。また、協調安全を実現するための新しい安全技術であるSafety2.0への適合審査登録制度があります。

要員認証制度

ロボットセーフティアセッサ資格

ロボット安全に対する知識やスキルの保有を認証します。セーフティアセッサ資格者が取得することができます。

ロボットセーフティアセッサ資格

セーフティオフィサ資格

セーフティオフィサ資格は、安全に関するマネジメント資格です。セーフティエグゼクティブ、セーフティマネジャー、セーフティスタッフの各資格があります。

セーフティオフィサ資格

Safety2.0適合審査登録制度

人とモノ(機械)あるいは環境が情報を共有する協調安全(Safety2.0)により、安全化が図られているかを審査し登録する制度です。協調安全の普及による労働災害の削減を目的としています。